家の購入では家自体も大事ですが、住まいの場所選びも重要

何にポイントを置くのか

家の購入の際、予算や家の種類も大切ですが、どこに住むかというのも、非常に重要になります。
賃貸アパートの場合には、そのエリアが気に入らなければそこから引っ越せばいいのでしょうが、家の購入をしてしまったら、なかなか引っ越すというわけには行きません。
引っ越しをするためには、購入した家の処分をしなければ行けませんが、それがうまく行くとも限りませんので。
賃貸暮らしから家の購入を決断するとき、大きく分けて2つのエリアの決め方があります。

まずは、現在住んでいるエリアで家の購入をするというもの。
こういった決め方の決め手となるのは、やはり現在の生活環境を極力変化させたくない、というのがありますね。
特に、お子さんがいる場合には、そういったところに敏感にならざるを得ません。
お子さんがまだ小さいうちは、学区内の小学校や中学校に通うということが普通です。
現在住んでいるエリアから遠いところに引っ越すと、転校をしなければなりません。
転校は、お子さんにとって大きな精神的ストレスになりますので、できるならば避けたいところです。
また、親御さんの問題としても、住みなれた土地で便利だという場合には、無理にエリアを変える必要もないかもしれませんね。

もう1つ、家の購入エリアを決める要因となるのが、通学や通勤の沿線で購入をするというものです。
ほとんどの方が、住んでいるエリアと働いているエリアは異なるもの。
通勤、通学のことを考えるのならば、その利便性は追求したいところですね。
家を購入するとき、真っ先に考えるのが、駅までの距離というもの。
これが、利便性のひとつの目安となりますが、駅までの距離が全てではありません。
いくら家から最寄り駅までの距離が近いとしても、勤務地とその最寄り駅が遠ければ、結局通勤時間はかかってしまいます。

また、公共交通機関で移動する際に、何度も乗り換えをするというのは、大きな時間ロスになります。
ここでもっとも大切なのは、家を出発してから職場に到着するまでの「所要時間」であるということ。
所要時間を短くするには、いくつかポイントがあります。
まずは、乗り換えがないことです。
仕事場の最寄り駅が通っている沿線に家を建てると、乗り換えがなくなります。

次に、早い公共交通機関を使うということ。
もっとも早い公共交通機関は、もちろん電車です。
その電車も、各駅停車よりも急行や快速といった種類の電車のほうが早いです。
通勤時間を重視される方はそういった電車の停車駅が近いところに家を購入しましょう。